メイストーム(春の嵐)は急速に発達する超危険な日本海低気圧!!

「関東の太平洋側では、雷を伴った激しい雨が降るので注意してください」
天気予報が終わる間際に、またしても隣のおばちゃんが駆け込んで来た。
「たいへんだ!!春の嵐が来るらしい!!それって危険なのー?」

春の嵐は急速に発達するので怖い

日本海を発達しながら北東に進んでいく低気圧を、日本海低気圧という。

日本海低気圧は、寒冷前線を伴っているので低気圧が日本列島を横断するとき、
前半は南よりの風で気温が上がり、寒冷前線の通過に伴い激しい雨や雪になり
その後、北西の強風により急激に気温低下する。

急激に発達する日本海低気圧を、冬季は「冬の嵐」、初春の時期は「春一番」、
5月前後は「メイストーム」と言われ警戒する必要がある。

冬から春にかけては、空気が寒から暖に入れ替わる時期なので低気圧の活動が
最も盛んな時期である。低気圧のエネルギー源は暖気と寒気の温度差なので急激
に発達する。

本当に怖いのは5月の連休中に発生するとき

メイストームという言葉が生まれたきっかけは、1954年5月9日~10日
にかけて、北海道東方海上で低気圧の急速な発達により、サケ・マス漁船集団
遭難海難事故が起き361人の死者・行方不明者が出たことによる。

山岳事故については、連休中にメイストームが発生すると遭難者が発生すること
が多い。

強風と急激な気温低下によりベテラン登山者も遭難することがある。
連休ということもあり、相当の人数が登山に出かける時期でもある。

暴風雨・暴風雪・雪崩・融雪洪水・突風・雷・竜巻と全ての災害要素が発生する
可能性がある超危険な嵐である。

関連記事

コメントは利用できません。

広告

カテゴリー

ピックアップ記事

広告

ページ上部へ戻る