「奈良春日大社 千年の至宝」東京国立博物館特別展2017年1月17日 ~3月12日

世界遺産、奈良・春日大社は奈良時代に平城京の守護と国民の繁栄を祈願するため創建された神社です。

そのため、平安時代の貴族などから奉納された神宝は、平安の正倉院とも称され、新指定の国宝と重要文化財を加え国宝352点・重要文化財916点をはじめ王朝の美術工芸、日本を代表する甲冑や刀剣など国の宝の数々を所有しています。

本特別展は、その中から春日大社の創祀を物語る歴史資料や絵画作品や「神鹿」に関わる美術などが展示されます。
また、平安時代の王朝の雅と美を今に伝える国宝の品々や、奉納された武具として国宝の甲冑や刀剣なども展示されます。

そして、春日大社では社殿の建て替えや修繕が約20年に一度行なわれ、平成28年(2016年)に迎えた御造替は60回目で、御徹下(ごてっか)され注目を浴びた獅子・狛犬なども見ることができる貴重な機会です。

広告

特別展「春日大社 千年の至宝」

会 期

2017年1月17日(火) ~3月12日(日)

会 場

東京国立博物館 平成館(上野公園)

開館時間

9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日

観覧料金

一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料
* ( )内は前売り/20名以上の団体料金
* 障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
* 前売券は、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、
展覧会公式サイト、チケットぴあ(Pコード:767-849)、セブンイレブン(セブンコード:049-144)、ローソンチケット(Lコード:32114)、イープラス、JTB各店舗ほか主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどで、
2016年10月1日(土)~2017年1月16日(月)まで販売。

交 通

東京国立博物館(東京・上野公園)
東京都台東区上野公園13-9

JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分

主 催

東京国立博物館、春日大社、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社

協 賛

岡村印刷工業

お問合せ

03-5777-8600 (ハローダイヤル)

出典:特別展「春日大社 千年の至宝」

関連記事

コメントは利用できません。

広告

カテゴリー

ピックアップ記事

広告

ページ上部へ戻る