夏本番!!今年は冷や汁で夏バテ知らず!!

今年も暑くなりそう。この季節になると、暑くて食欲がなくなりませんか?
食欲がなくなり、冷たいジュースやビールばかり飲んでると胃腸の働きが悪くなって、
体力が落ちて何もする気がおこらなくなってしますよ。
そう、夏バテの初期症状です。
食欲がなくなる前に「冷や汁」の簡単なレシピを覚えて夏を乗り切りましょう。
冷たくておいしいうえに、不足しがちなたんぱく質やビタミンも取れるので、
夏バテ予防や夏バテになってしまった時は最高です。

今年のトレンド、冷や汁って何?

冷や汁って呼ばれているのは、宮崎県と埼玉県・山形県の郷土料理です。
宮崎県・埼玉県・山形県の料理は全くの別ものです。

宮崎県の冷や汁は、農民食で農家の人が簡単にで早く食べられる目的の料理です。
焼き魚の身をゴマと味噌ですり混ぜ焼いて焦げ目をつけたものに、冷やした出し汁をいれ豆腐・きゅうり・青じそなどを加え、暑い麦飯や白飯などにかけて食べるものです。

埼玉県の冷や汁は、冷やしうどんや素麺に近い。いりゴマをすり、味噌・砂糖などを入れてすり混ぜ、すり鉢にきゅうりの輪切り・青じそ、ネギのみじん切り等を入れ、冷たいうどんや素麺の漬け汁として食べます。

山形県の冷や汁は、季節の野菜を茹で、高野豆腐や干椎茸・干貝柱を水でもどし、しょうゆなどで味付けし煮て、よく冷めてからほうれん草や雪菜、小松菜などの茹で野菜の上に汁ごとかけて食べます。

個人的なイメージでは、宮崎県のが一番冷や汁って感じがするので、ここからは独断で宮崎県の郷土料理の冷や汁を原点に調べて行く事にします。

冷汁

出典 宮崎市観光協会

一人暮らしの独身におすすめ火を使わない超簡単レシピ

暑くて食欲がないから、素麺で済ましてしまうと栄養が偏り、体がだるくなりまた食欲がなくなる。という悪循環になります。
こういう時こそ「冷や汁」を作りましょう。
大葉やみょうがは、食欲をそそる香味野菜ですね。きゅうりは体にこもった熱をにがす効果があります。

食欲がない時に、複雑な料理は作る気がしませんね。
暑いので火も使わない超簡単レシピを開発したのでためしてください。
焼き魚は、サケのフレークで代用します。

すりゴマに味噌を加え、和風だしの素を溶かした水を入れて溶かし冷蔵庫で冷やしておきます。
きゅうりは輪切り、ミョウガ・大葉は細切りにする。
熱々のご飯に、サケフレーク・きゅうり・大葉をのせ、味噌を溶かした汁をかけて出来上がりです。
(1人前)
みそ     大さじ2
白すりゴマ  適量
水      100cc
さけフレーク 30g
みょうが   1個
大葉     2枚
きゅうり   1本
和風だしの素 適量

どうですか?簡単でしょ?

バリエーションとしては、ご飯を麦飯にしたり雑穀米を混ぜたりすると栄養価が高まります。
さけフレークの代わりに、さばの味噌煮を入れるのもおいしいですよ。
ご飯の代わりに、冷たいうどんにするのもどうでしょうか?

基本お味噌汁ですから、何にでも合います。

本格的な冷や汁の作り方

最後に本格的な作り方を動画で見つけましたので見てください。

関連記事

コメントは利用できません。

広告

カテゴリー

ピックアップ記事

広告

ページ上部へ戻る