大阪市立美術館「デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~」 を開催、2016年7月9日~9月25日

大阪市立美術館では、平成28年7月9日(土曜日)から9月25日(日曜日)まで、特別展「デトロイト美術館展~大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち~」を開催しています。

852

大阪市立美術館開館の80周年記念による特別展です。
デトロイト美術館は、古代エジプト美術から現代美術まで65,000点以上の作品を所蔵するアメリカを代表する美術館のひとつです。アメリカでゴッホやマティスの作品を初めて購入した公共美術館としても有名であり、今では年間約60万人が訪れています。

2013年7月のデトロイト市財政破綻により深刻な財政難により、美術館収蔵品の売却の可能性も取り沙汰されましたが、国内外からの資金援助により収蔵品は売却されることなく存続しました

本展では、数々の傑作の中から選りすぐりの、日本初公開15点を含む全52点をご紹介しています。

広告

大阪市立美術館 開館80周年記念 デトロイト美術館展大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち

会期

平成28年7月9日(土)~9月25日(日) 70日間

時間

午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

大阪市立美術館(天王寺公園内)
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話番号:06-6771-4874 ファックス:06-6771-4856
ホームページ:http://www.osaka-art-museum.jp/
交通:大阪市営地下鉄御堂筋線・谷町線・JR天王寺駅、近鉄大阪阿部野橋駅、阪堺電車天王寺駅前、大阪市営バスあべの橋停留所 下車北西へ約400メートル

休館日

月曜日(ただし、7/18、8/15、9/19は開館)、7/19(火)

料金

一般 1,500円(1,300円)、高大生1,000円(800円)
※( )内は、20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。
※チケットぴあ(Pコード:767-362)、ローソンチケット(Lコード:59115)、イープラス、セブンチケット、阪神プレイガイド(梅田・三宮)、チケットポート(三宮・なんば)などの主要プレイガイド、コンビニエンスストアなどでも販売しています。
※前売券、ペア券の販売は終了しました。

主な作品

56
フィンセント・ファン・ゴッホ
《自画像》 1887年 油彩、板に貼り付けたカンヴァス

456

クロード・モネ
《グラジオラス》 c. 1876年 油彩、カンヴァス

854

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
≪月下の冬景色≫ 1919年 油彩、カンヴァス

主催

大阪市立美術館、関西テレビ放送、産経新聞社
後援
外務省、大阪府、大阪市教育委員会、サンケイスポーツ、夕刊フジ、サンケイリビング新聞社、ラジオ大阪、テレビ新広島、岡山放送
助成
アメリカ合衆国大使館
協賛
日本写真印刷協力デルタ航空、ヤマトロジスティクス
企画制作
フジテレビジョン監修千足伸行(成城大学名誉教授、広島県立美術館長)

関連記事

コメントは利用できません。

広告

カテゴリー

ピックアップ記事

広告

ページ上部へ戻る